転職後の注意事項

世の中に、看護師ほどイメージの良い仕事はそうそう無いと思います。私も自分がなってみるまでというか、看護学生になるまではそうでした。辛い治療期間に、そばにいて励ましてくれる看護師さんたちは、なんて素晴らしい人たちなのだろうと。そして、看護学生になり、実習で実際に働く看護師さんと触れ合うと、それはビジネス笑顔であることを知ることになるのです(苦笑)それはそれとして、看護の現場というのは患者さんの健康を預かる重要な場所であり、場合によっては命を左右する事態になりかねません。そうした場所で働く以上、ミスも甘えも許されません。ちょっとしたミスが、患者さんに致命的な結果を招くことになってしまいかねないからです。

厳しい指導を受け心が折れそうになりつつも、私は念願の看護師となり、昔から憧れていた大都市、横浜の病院に赴任することができたのです。それからかれこれ数年の月日が流れ、私自身も看護師という自分の立場にようやくなれてきた今日この頃です。職場をうつることはゼロからの出発ではなく経験を重ねることです。最初は病院のルールがあるので、それに応じるよう努力が必要ですが、案外すぐに慣れますよ。

転職後の心配といえば、自分の技術が通用するか?新人扱いされるのかな?ということではないですか?また、介護現場では、介護スタッフの人に指示されるのかな?とか、いわゆるナースのプライドを傷つけられるのでは?という不安ですよね。すべては自分次第なんです。不安など抱く間もない多忙さに助けられることもあり、とにかく夢中になることをおすすめします。仕事になれるまでは「一人を貫くこと」自分に近寄ってくる人にくっついてはいけません。仕事を妨げる悪魔かもしれませんから、これは重要なことです。

転職後は特に仕事に夢中になってください。看護師は、看護のプロフェッショナルではあるのですが、それと同時に病院の1スタッフでもあります。ですので、病院内での問題解決や、いかに患者さんにリラックスしてもらえるかを考えるなど、患者さんの生活面においても様々な工夫をすることが求められているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です