家族を持つことは本来は幸せなことです

家族を持つことにより、男性は今まで以上に頑張ることが出来たり、会社で今以上に認められるというようなことがあります。でも女性の場合はそのようにはいきません。それは看護師ではなくても、言えることです。看護師が結婚したということを報告した場合は、次に子供のことについて心配されるようなことがあるでしょう。子供が出来たら辞めるんじゃないかというように思われるからです。でも子供が出来ても続けたいという思いを持つ看護師も多いでしょう。職場は子供が出来ても安心して働き続けることが出来るような環境を、提供することが必要なのです。

難しい話になりますが、独身時代とは違うという自覚を自分の中で解決できずに、福利厚生や制度がないからと辞めてしまう人がいます。さらに自分が辞める時に、新しく若い看護師が入ってくるということを聞き、なんともいえない負けたような気持ちになる看護師もいると思います。自分も昔はあんな感じだったのに…と悔しい思いを持つかもしれません。

家族を持てて嬉しいと思う反面、失うものは大きいと感じることも多いでしょう。それが仕事をする女性の運命というものなのかもしれません。でも何年か経って子供成長すれば、また戻ることが出来るということも多いです。その時には、前の自分よりも明らかに成長しているはずですから、それを楽しみに子育てを頑張るという看護師も多いのではないでしょうか。

看護師の現場は、ママさんの集まりといって良いほど家庭人が多い。仕事を精力的に頑張ると家庭も円満。家庭が円満だから仕事も集中できる?いずれにしても明るい職場です。子供ができたら辞めなければいけないというのは、その人の考え方の問題かもしれません。職場で心を開いていないからかもしれませんよ。「お互い様なんだから」とママさんナースをフォローする姿勢を持っていれば、自分も助けてもらえるようになります。自分のことばかり考えてないで、助け合いの精神を強くもってこそ看護師ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です